アジアの出産と家族計画

小浜正子, 松岡悦子 編

人が子供を産み育てて世代をつなぐ営みは、古来繰り返されてきた。そのあり方は、地域によって時代によって大きく異なっている。アジア各国・各地域の20世紀後半から現在までのリプロダクション-生殖の変化を跡づけ、比較の視野のもとに、その意味を多元的に考察する。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 戦後「日本」の生殖における国家と女性(「産む・産まない・産めない」と日本の戦後-女たちの人生
  • 「日本一」の出生率と沖縄の子産み-日米支配と家父長制下の家族計画)
  • 2 中国農村における出産の国家化と医療化(「一人っ子政策」前夜の中国農村-Q村における「生まない」選択の登場
  • 国家プロジェクト、医療マーケットと女性身体の間-中国農村部における病院分娩の推進)
  • 3 アジアの家族計画における援助と国家と女性(「リプロダクションの文化」としての家族計画-ネパールにおける生殖統制の条件
  • ラオスにおける「生殖コントロール」の様相-女性の健康プロジェクトとしての導入)
  • 4 医療化する生殖(医療化された出産への道程-韓国の「圧縮された近代」
  • 日本における不妊をめぐる身体政治-不妊治療費への健康保険適用と公費助成を例に)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 アジアの出産と家族計画
著作者等 小浜 正子
嶋澤 恭子
幅崎 麻紀子
松岡 悦子
田間 泰子
白井 千晶
姚 毅
澤田 佳世
書名ヨミ アジア ノ シュッサン ト カゾク ケイカク : ウム ウマナイ ウメナイ シンタイ オ メグル セイジ
書名別名 Childbirth and Family Planning in Asia

Childbirth and Family Planning in Asia : 「産む・産まない・産めない」身体をめぐる政治

Ajia no shussan to kazoku keikaku
出版元 勉誠
刊行年月 2014.3
ページ数 286p
大きさ 22cm
ISBN 978-4-585-23025-0
NCID BB15595354
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22422194
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本

掲載作品

この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想