初級講座ループ量子重力

R.ガムビーニ, J.プリン 著 ; 樺沢宇紀 訳

特殊相対性理論とMaxwell理論、一般相対性理論の最低限の知識に言及し、拘束系の力学、Yang‐Mills理論、場の量子論の要点を概説。Ashtekar変数を用いた古典重力理論の正準形式を導入し、ループ表現(スピン・ネットワーク)に基づく背景独立な重力の量子化の基本概念を論じる。ループ量子宇宙論、ブラックホール・エントロピーやスピン泡などの話題を取り上げ、ループ量子重力の現状と課題を概観する。量子重力理論の有力候補である「ループ量子重力」の基礎を学部学生向けに平易に解説した入門書。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 何故、重力の量子化を試みるのか?
  • 特殊相対性理論と電磁気学
  • 一般相対性理論入門
  • 拘束条件と正準形式による場の力学
  • Yang‐Mills理論
  • 量子力学と場の量子論の基礎
  • Ashtekar変数を用いた一般相対性理論
  • ループ量子重力
  • ループ量子宇宙論
  • 発展的な話題〔ほか〕

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 初級講座ループ量子重力
著作者等 Gambini, Rodolfo
Pullin, Jorge
樺沢 宇紀
プリン J.
ガムビーニ R.
書名ヨミ ショキュウ コウザ ループ リョウシ ジュウリョク
書名別名 A First Course in Loop Quantum Gravity

Shokyu koza rupu ryoshi juryoku
出版元 丸善プラネット : 丸善出版
刊行年月 2014.5
ページ数 179p
大きさ 21cm
ISBN 978-4-86345-212-1
NCID BB15468550
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22417685
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 英語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想