ポスト・フクシマの政治学

畑山敏夫, 平井一臣 編著

[目次]

  • 1 ポスト・フクシマの日本政治-保守政治と新しい政治の相克のなかで
  • 2 原発と戦後日本の政治
  • 3 ポスト・フクシマ時代の政党と選挙
  • 4 「デモをする社会」のデモクラシー-「新しい新しい社会運動」の時代か?
  • 5 メディアとポピュリズム
  • 6 男女共同参画とローカルなジェンダー政治
  • 7 国境を越える市民と政治-グローバル時代のなかで
  • 8 スローライフと実践の政治学

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 ポスト・フクシマの政治学
著作者等 平井 一臣
畑山 敏夫
書名ヨミ ポスト フクシマ ノ セイジガク : アタラシイ ジッセン ノ セイジガク オ メザシテ
書名別名 新しい実践の政治学をめざして
シリーズ名 法律文化ベーシック・ブックス
出版元 法律文化社
刊行年月 2014.5
ページ数 235,4p
大きさ 19cm
ISBN 978-4-589-03594-3
NCID BB15495269
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22415502
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本

掲載作品

この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想