現代租税の理論と思想

宮本憲一, 鶴田廣巳, 諸富徹 編

古典的支出税や、それ以前の支出・消費課税論の思想的起源に始まり、現代的支出税論争を経てマーリーズ報告に至るまでをたどる。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 現代の租税論をめぐって
  • 第1部 支出税と所得税の交錯(支出税論の源流-ホッブズ・ミル・ピグー
  • フィッシャーの「支出税」の特徴と意義
  • カルドア『支出税』の理論と特徴
  • ヴィックリーの支出税論
  • カーター報告の現代的意義)
  • 第2部 現代支出税論の展開(アンドリュースによる「現代的支出税」構想-所得課税ベースか、それとも支出課税ベースか
  • ミード報告とイギリス型支出税
  • アメリカの消費ベース課税思想-1990年代以降の議論を中心に
  • 経済活動のグローバル化と法人課税-マーリーズ・レビューを素材に
  • 現代付加価値税の論理と課題-マーリーズ・レビューの検討を中心に
  • 課税ベースの選択と現代租税論の課題)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 現代租税の理論と思想
著作者等 吉弘 憲介
宮本 憲一
宮本 章史
川勝 健志
松田 有加
篠田 剛
菊地 裕幸
藤 貴子
諸富 徹
野口 剛
高山 新
鶴田 広巳
鶴田 廣巳
書名ヨミ ゲンダイ ソゼイ ノ リロン ト シソウ
書名別名 Theory and Thoughts of Modern Taxation

Gendai sozei no riron to shiso
出版元 有斐閣
刊行年月 2014.4
ページ数 363p
大きさ 22cm
ISBN 978-4-641-16424-6
NCID BB15393575
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22414366
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本

掲載作品

この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想