やさしく語る仏教と生命倫理

田代俊孝 著

医療の場では、インフォームド・コンセント(十分な説明と同意)と言われて久しい。これは患者の自己決定権に基づくものである。しかし、そのことが言われれば言われるほど、自らの確個たる死生観、人生観が必要となる。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • クローン羊の誕生-問われるいのち
  • インフォームド・コンセント
  • 脳死・臓器移植とは何か
  • 驚くべき臓器売買の実態
  • 人間をモノ化していく危険性
  • 親鸞聖人の「自然法爾」の生命観
  • 誰かが死ぬのを待つ
  • 長生きすれば幸せなのか
  • 南無阿弥陀仏-自我を超えた世界への目覚め

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 やさしく語る仏教と生命倫理
著作者等 田代 俊孝
書名ヨミ ヤサシク カタル ブッキョウ ト セイメイ リンリ
書名別名 Yasashiku kataru bukkyo to seimei rinri
シリーズ名 ひとりふたり・・聞法ブックス 2
出版元 法蔵館
刊行年月 1999.6
ページ数 48p
大きさ 18cm
ISBN 4831821322
NCID BA56150894
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20040966
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想