転換期のアジア資本主義

植村博恭, 宇仁宏幸, 磯谷明徳, 山田鋭夫 編

植民地から第二次大戦後の解放、そして経済成長をへて誕生した「資本主義アジア」。グローバル経済の波をうけ、さらなる激変の時代を迎えるアジアの資本主義に、レギュラシオン理論からアプローチ。国民経済分析を中心としてきたレギュラシオンに、国際関係や世界経済の分析を重ね、アジア資本主義の実像に迫る。フランス・中国・韓国の研究者との共同研究。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 アジア資本主義の多様性と転換(構造転換の世界経済と東アジア地域の制度化-ASEANに注目して
  • アジア資本主義の多様性-制度的構図と企業のイノベーション活動 ほか)
  • 2 中国資本主義(中国経済の発展様式と国際システムの転換-2008年危機以後を中心に
  • 中国経済の輸出主導型成長から内需主導型成長への転換条件-賃労働関係の変化と社会保障システムを中心に ほか)
  • 3 韓国資本主義(韓国における金融システム変化と蓄積体制
  • 韓国における非正規労働の増加と雇用の二重構造化 ほか)
  • 4 東南アジア・インドの資本主義(インドIT産業における高度化と能力構築-新興国知識集約型産業における後発発展
  • マレーシアにおける経済発展と労働 ほか)
  • 5 日本資本主義(企業主義的調整の麻痺と社会保障改革
  • 日本における制度変化と新自由主義的政策-国際比較の観点から ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 転換期のアジア資本主義
著作者等 宇仁 宏幸
山田 鋭夫
植村 博恭
磯谷 明徳
書名ヨミ テンカンキ ノ アジア シホン シュギ
書名別名 Tenkanki no ajia shihon shugi
出版元 藤原書店
刊行年月 2014.4
ページ数 496p
大きさ 22cm
ISBN 978-4-89434-963-6
NCID BB15429402
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22410157
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本

掲載作品

この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想