聖なる木の下へ

阿部珠理 [著]

アメリカインディアンの精神的伝統を今なお暮らしの中に残す共同体がある。スー族の保留地、ローズバッドとパインリッジである。胸に刺した木串で身を裂くサンダンス、大いなる霊・ワカンタンカへの信仰、聖なる輪の教え-。比較文明学者である著者が彼らと生活を共にしながら自らの目で見た事実から、その精神世界を探り、明らかにしていく。物質文明の発展だけでは得ることのできない「人間の本当の豊かさ」を問い直す。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • プロローグ
  • 第1章 メディスンマンを訪ねる
  • 第2章 ラコタの人間社会
  • 第3章 男と女
  • 第4章 ミタクエオヤシン-私に繋がる全てのもの
  • 第5章 ラコタの神話世界
  • 第6章 精霊の住む国
  • 第7章 サンダンスへの道

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 聖なる木の下へ
著作者等 阿部 珠理
書名ヨミ セイナル キ ノ シタ エ : アメリカ インディアン ノ タマシイ オ モトメテ
書名別名 アメリカインディアンの魂を求めて
シリーズ名 角川ソフィア文庫 J200-1
出版元 KADOKAWA
刊行年月 2014.4
ページ数 222p
大きさ 15cm
ISBN 978-4-04-409462-1
NCID BB15566039
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22409911
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想