ジャッキー・デリダの墓

鵜飼哲 [著]

デリダ没後十年。ひとつの生の終わりの確認ではなく、遂行的な死後の生の約束として。私たちに残された時の、思考の向かうべき方位を指し示すかのように。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • "友"なるデリダ
  • 断片、あるいはデリダの「ように」
  • 絵画に"声"が来るとき-アトラン「カヒナ」(一九五八年)
  • 祈りと無神論-『名を救う』
  • リス=オランジス、二〇〇四年八月八日
  • 名のおかげで
  • "裸"の師
  • 盲者のオリエント
  • 怪物のような「かのように」-日本における政治上の嘘の歴史のために
  • デリダにおけるヘーゲル-『弔鐘』における"晩餐"の記号論を中心に〔ほか〕

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 ジャッキー・デリダの墓
著作者等 鵜飼 哲
書名ヨミ ジャッキー デリダ ノ ハカ
出版元 みすず書房
刊行年月 2014.4
ページ数 300p
大きさ 20cm
ISBN 978-4-622-07829-6
NCID BB15433501
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22407365
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想