国家緊急権

橋爪大三郎 著

もし原発事故がもっと大きかったら?もしミサイルが日本に落ちてきてしまったら?緊急時、政府は憲法に違反する行動をとることがある。そんなことが許されるのか?もし許されるとしたらどんな場合か?政府は、首相は、責任を負わないのか?あくまで民主主義の原理に立脚し、憲法学最大のタブーに真正面から挑む、全国民必読の刺激的提言!

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 国家緊急権とはなにか
  • 第2章 国家緊急権と憲法
  • 第3章 国家緊急権と軍隊
  • 第4章 国家緊急権と独裁
  • 第5章 国家緊急権と安全保障
  • 第6章 国家緊急権と経済危機
  • 第7章 国家緊急権と緊急事態
  • 第8章 国家緊急事態をどう終息させるか
  • 資料編

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 国家緊急権
著作者等 橋爪 大三郎
書名ヨミ コッカ キンキュウケン
書名別名 Kokka kinkyuken
シリーズ名 NHKブックス 1214
出版元 NHK
刊行年月 2014.4
ページ数 254p
大きさ 19cm
ISBN 978-4-14-091214-0
NCID BB15354132
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22407165
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想