臨床が変わる!PT・OTのための認知行動療法入門

マリー・ダナヒー, マギー・ニコル, ケイト・デヴィッドソン 編 ; 菊池安希子 監訳 ; 網本和, 大嶋伸雄 訳者代表

認知行動療法(Cognitive Behavioural Therapy;CBT)は強いエビデンスをもつ心理療法である。CBTの源流は不安障害やうつ病のような精神科領域にあるが、近年では疼痛、線維筋痛症、慢性疲労症候群に合併した気分障害にも効果が認められている。本書には英国のリハビリテーション医療におけるCBT普及を背景に、概説に加え7つの疾患のケーススタディを通して理学療法士と作業療法士の取り組みが紹介されている。日本の臨床現場にあっても精神科のみならず、脳卒中後などあらゆるリハビリテーション医療にCBTのプロセスと技法が応用可能であることが読み取れるだろう。エビデンスに基づいたリハビリテーションの実践者がいま最も読むべき1冊。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 理論的背景を学ぶ(認知行動療法-起源と展開
  • 認知行動的アプローチを実践モデルに組み込むには
  • 認知と行動の生物医学的関連)
  • 2 実践に応用する(うつ病の認知行動療法
  • 不安障害に対する認知行動療法
  • 慢性精神疾患の認知行動療法
  • アルコール嗜癖の認知行動的アプローチ
  • 慢性疼痛
  • 認知行動的原則を用いた線維筋痛症の管理-実践アプローチ
  • 慢性疲労症候群の認知行動療法)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 臨床が変わる!PT・OTのための認知行動療法入門
著作者等 Davidson, Kate M
Donaghy, Marie
Nicol, Maggie
Salkovskis, Paul M.
大嶋 伸雄
網本 和
菊池 安希子
Davidson Kate
デヴィッドソン ケイト
ニコル マギー
ダナヒー マリー
書名ヨミ リンショウ ガ カワル ピーティー オーティー ノ タメ ノ ニンチ コウドウ リョウホウ ニュウモン
書名別名 Cognitive-Behavioural Interventions in Physiotherapy and Occupational Therapy

Rinsho ga kawaru piti oti no tame no ninchi kodo ryoho nyumon
出版元 医学書院
刊行年月 2014.4
ページ数 184p
大きさ 26cm
ISBN 978-4-260-01782-4
NCID BB1528376X
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22412360
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 英語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想