図説百鬼夜行絵巻をよむ

田中貴子 ほか著

奇妙な妖怪たちが闇の京都を行列をなし徘徊する…。日本のお化け絵の源流「百鬼夜行絵巻」はなぜ生まれ、何を描いたのか。異界の達人たちが日本の「闇の文化史」の謎を解読する。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 絵巻コレクション(『百鬼夜行絵巻』(真珠庵本)
  • 『百鬼夜行絵巻』(京都市立芸術大学蔵) ほか)
  • 前説『百鬼夜行絵巻』はなおも語る
  • 現代語訳『付喪神記』
  • 画人伝(抄)
  • 付喪神
  • 器物の妖怪-付喪神をめぐって
  • 「百鬼夜行図」コレクション-河鍋暁斎『暁斎百鬼画談』より
  • 河鍋暁斎百鬼夜行図

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 図説百鬼夜行絵巻をよむ
著作者等 小松 和彦
渋沢 竜彦
田中 貴子
花田 清輝
書名ヨミ ズセツ ヒャッキ ヤコウ エマキ オ ヨム
シリーズ名 ふくろうの本
出版元 河出書房新社
刊行年月 1999.6
ページ数 111p
大きさ 22cm
ISBN 4309726089
NCID BA41992489
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20040835
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想