李陵 山月記

中島敦 著中島敦 著

前漢の武帝の時代。侵略をくりえかす匈奴を討つために北辺の地へ向かった李陵であったが、やむなく捕虜となってしまう。そしてその李陵を弁護した歴史家・司馬遷は、宮刑に処され-。時代の波に翻弄される男たちの姿を描き、"人間の真の美しさ"を問う「李陵」、己の自尊心のために虎の姿になってしまった詩人・李徴の苦悩を綴った「山月記」など、漢籍に材を採った作品全七篇を収録。

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 李陵 山月記
著作者等 中島 敦
書名ヨミ リ リョウ. サンゲツキ
書名別名 Ri ryo. Sangetsuki
シリーズ名 小学館文庫
出版元 小学館
刊行年月 2000.3
ページ数 253p
大きさ 15cm
ISBN 4094041036
NCID BA48141129
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20035729
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本

掲載作品

この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想