転んだあとの杖 : 老いと障害と

島田とみ子 著

ちょっとした不注意から転んだことで歩行困難の障害を負ってしまった著者が、以来4年間、転んだ果ての入院、リハビリ訓練、ペインクリニック等々沢山の人に助けられて、精神的にも肉体的にも、障害者として生きようという心の安定を得るまでを綴る。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 入院そして検査
  • 2 はじめてのリハビリ
  • 3 三カ所のペインクリニック
  • 4 療友
  • 5 障害の拒否から受容へ
  • 6 お医者さん
  • 7 生活の障害
  • 8 夫の内助と外助
  • 9 老化と回復力
  • 10 障害は個性

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 転んだあとの杖 : 老いと障害と
著作者等 島田 とみ子
書名ヨミ コロンダ アト ノ ツエ : オイ ト ショウガイ ト
出版元 未來社
刊行年月 2000.2
ページ数 187p
大きさ 19cm
ISBN 4624501276
NCID BA45897311
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20038312
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想