自殺-生き残りの証言

矢貫隆 著

「こんなに切ったのに何で死ねないんですか…」「お腹を刺した時点で狂っていた私は死んだんです」自殺を図って死ねなかった未遂者たちに、運びこまれた救命救急医療センターで取材した異色のルポルタージュ。なぜ人は自殺を企てるのか、本当に死ぬつもりだったのか。自殺未遂者の肉声を基にその心理を解きあかす。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 「1000ml以上の出血の跡あり」
  • 第2章 「ネズミ殺し」を飲みました
  • 第3章 うつ病と神経症
  • 第4章 血に染まった白い服
  • 第5章 死を望んだ心理
  • 第6章 故意か、偶然か
  • 第7章 拒食と過食の病棟
  • 第8章 「生きててよかった」

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 自殺-生き残りの証言
著作者等 矢貫 隆
書名ヨミ ジサツ イキノコリ ノ ショウゲン
書名別名 Jisatsu ikinokori no shogen
シリーズ名 文春文庫
出版元 文藝春秋
刊行年月 2000.2
ページ数 314p
大きさ 16cm
ISBN 4167595036
NCID BA45399981
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20036945
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想