ユダヤ古代誌  3

フラウィウス・ヨセフス 著 ; 秦剛平 訳

ヨーロッパのキリスト教徒や知識人たちにもっとも広く読まれてきた『ユダヤ古代誌』。天地創造から説き起こし、紀元後66年のユダヤ戦争直前までの記述で終わる全20巻は、ヨセフスが敗軍の指揮官のひとりとしてローマに降ったのち、皇帝の厚遇のもとに書かれた。政治的には親ローマ派であり、思想的にはユダヤ教、ユダヤ文化の弁護者であったヨセフスの大著は、ユダヤ史を知るうえできわめて貴重な史料であるばかりでなく、イエスと同時代の散逸した記述を数多く含む文献として、キリスト教徒たちの関心をひきつけてきた。原著8〜11巻までを収める文庫版第3巻は、ソロモンの即位から、バビロン捕囚を経て、旧約世界の終焉にいたる。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • ソロモン物語
  • ソロモンの神殿と王宮
  • 分裂王国時代
  • ユダ、イスラエル王国通史
  • サマリアの陥落とイスラエル王国の終焉
  • ユダ王国史
  • ユダ王国史-バビロン捕囚とエレミヤの警告
  • エルサレム陥落とユダ王国の終焉
  • ダニエル物語
  • バビロン捕囚からの帰還と神殿再建
  • エステル物語
  • アレクサンドロス大王とユダヤ人

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 ユダヤ古代誌
著作者等 Josephus, Flavius
秦 剛平
ヨセフス フラウィウス
書名ヨミ ユダヤ コダイシ
書名別名 Yudaya kodaishi
シリーズ名 ちくま学芸文庫
巻冊次 3
出版元 筑摩書房
刊行年月 1999.12
ページ数 400p
大きさ 15cm
ISBN 4480085335
NCID BA43782658
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20030024
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 ギリシア語(1453年以降)
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想