プラスチックの文化史 : 可塑性物質の神話学

遠藤徹 著

第二次大戦後の消費社会の中で、人々の行動様式と生活空間を意識されないところで変化させた「魔法の物質」プラスチックを20世紀の神話として捉え、その化学的発明の歴史から、社会への伝播と影響を、ハイ・アート、ポップ・カルチャー、「環境ホルモン」等のさまざまな具体例に即しつつ解き明かす斬新な技術文明論。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 前書き 二十世紀の神話
  • 第1章 新物質-プラスチックの誕生と展開
  • 付論 日本プラスチック産業発展小史
  • 第2章 表面の発達史-プラスチックの皮膜が世界を包む
  • 第3章 プラスチックと空気-あるいは柔らかい都市の可能性
  • 第4章 プラスチック・クイーン-からっぽの人形と自我の空白
  • 第5章 悪魔を憐れむ歌-「環境ホルモン」論再考

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 プラスチックの文化史 : 可塑性物質の神話学
著作者等 遠藤 徹
書名ヨミ プラスチック ノ ブンカシ : カソセイ ブッシツ ノ シンワガク
書名別名 Purasuchikku no bunkashi
出版元 水声社
刊行年月 2000.1
ページ数 324p
大きさ 20cm
ISBN 4891764155
NCID BA45447304
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20029461
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想