社会的結合と民衆運動

歴史学研究会【編】

西欧、イスラム、東方の3世界を統合的に通観した画期的シリーズ!名誉と友情、家族の絆を重んじる…。地中海社会をめぐる言説を、歴史学が読みなおす。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1部 親族関係と移民(獲得されるものとしての親族関係-前4世紀におけるソロンの遺言の法の運用をめぐって
  • 古代ローマの親族-親等概念の成立と変容
  • 中世末期イタリアの「コネ」社会
  • 近代イタリアの移民と家族-南北の山間地域を比較する
  • オスマン朝へのユダヤ教徒移民)
  • 第2部 人的結合と社会運動(「多神教」的イスラム-スーフィー・聖者・タリーカをめぐって
  • オラービー革命のソシアビリテ-19世紀エジプトにおける社会的結合と政治文化
  • 地中海的規範とアンダルシーアの農民運動
  • ギリシア独立戦争と匪賊クレフテス-コロコトロニスに見る「地域」と「国家」)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 社会的結合と民衆運動
著作者等 中塚 次郎
北村 暁夫
宮武 志郎
徳橋 曜
村田 奈々子
東長 靖
栗原 麻子
栗田 禎子
桶脇 博敏
歴史学研究会
書名ヨミ シャカイテキ ケツゴウ ト ミンシュウ ウンドウ
シリーズ名 地中海世界史 / 歴史学研究会 編 5
出版元 青木書店
刊行年月 1999.10
ページ数 315p
大きさ 20cm
ISBN 4250990435
NCID BA4374768X
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20031254
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本

掲載作品

この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想