武蔵における社寺と古文化 : 稲村坦元論文集

稲村坦元 著 ; 稲村徹元 編

土屋氏のルーツを桓武平氏・清和源氏にもとめ、鎌倉時代から現代に至る系譜をたどる"温故知新"の本。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 名字の歴史と土屋氏のルーツ
  • 2 土屋氏誕生と成長の時代-鎌倉・南北朝期
  • 3 土屋氏武勇発揚の時代-室町・戦国期
  • 4 名君あり名臣あり-江戸期
  • 5 土屋氏・多士済々-明治期以降

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 武蔵における社寺と古文化 : 稲村坦元論文集
著作者等 稲村 坦元
稲村 徹元
さいたま土屋会
書名ヨミ ムサシ ニ オケル シャジ ト コブンカ : イナムラ タンゲン ロンブンシュウ
書名別名 Musashi ni okeru shaji to kobunka
出版元 さきたま出版会
刊行年月 1999.11
ページ数 407p
大きさ 22cm
ISBN 4878913509
NCID BA45456371
BA47621923
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20066992
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想