どうぶつのきたないもの学

シルビア・ブランゼイ 文 ; ジャック・キーリー 絵 ; 藤田紘一郎, 劉優貴子 共訳

ヒトがだすウンコ、オシッコ、オナラにゲロ、みんな意味があるのです。動物のきたないものもそうなのです。人間の側から見て「きたない」と思われている動物の生態にも意味があるのです。本書にはそのことがやさしく、しかも科学的に正確に書かれています。この絵本は子どもたちに、一見きたないもの、不要と思われる「どうぶつのきたないもの」への好奇心を抱かせ、その疑問を自分自身で解決するプロセスへ子どもたちを導いてくれるものです。このことが、わたしたちの知的能力の養成や知的活動において、大切であることをこの本は教えてくれているのです。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • ゲロくいどうぶつたち(ハエ
  • 赤ちゃん鳥の食事 ほか)
  • 吸血どうぶつたち(人間
  • ヒル ほか)
  • ぬるぬるぐちょぐちょのどうぶつたち(メクラウナギ
  • ヤツメウナギ ほか)
  • ウンコ大すきどうぶつたち(鳥のフン
  • べんりですてきなおしりのキャンディー英語名表 ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 どうぶつのきたないもの学
著作者等 Branzei, Sylvia
Keely, Jack
劉 優貴子
藤田 紘一郎
Branzei Sylvia.
Keely Jack.
ブランゼイ シルビア
書名ヨミ ドウブツ ノ キタナイ モノ ガク
書名別名 Animal grossology

Dobutsu no kitanai mono gaku
出版元 講談社
刊行年月 1999.12
ページ数 80p
大きさ 25cm
ISBN 4062099616
NCID BA45278524
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20018835
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 英語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想