数学者の書きもの心得

Steven G.Krantz 著 ; 後藤ミドリ 訳

本書は、数学論文を(特に英語で)書くときの心得から、おすすめの構文パターン、英語で書かれた数学論文の読み方まで、日本の大学では教育されない、専門的な"数学の書きもの"にまつわるノウハウを集めたものである。パソコンでの執筆環境やEメールのエチケット、なぜ数学論文を書くときにTEXを使うべきなのか、についても解説した。文章の例は、論文や著作だけではなく、推薦文、書評、審査報告、許諾書など、多岐にわたっている。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 基礎
  • 第2章 特別な数学の書きもの
  • 第3章 解説文
  • 第4章 他の書きもの
  • 第5章 本
  • 第6章 現代書きもの環境
  • 第7章 結論

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 数学者の書きもの心得
著作者等 Krantz, Steven G.
Krantz, Steven George
後藤 ミドリ
Krantz Steven G.
書名ヨミ スウガクシャ ノ カキモノ ココロエ : エイゴ ヒョウゲン カラ シュッパン マデ
書名別名 A primer of mathematical writing

英語表現から出版まで
出版元 丸善
刊行年月 1999.11
ページ数 204p
大きさ 21cm
ISBN 4621047019
NCID BA44172313
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20018677
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 英語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想