日本の超メガバンクは成功するか : 金融界の「最終見取り図」

水野隆徳 著

本書では、日本の金融機関が、収入源の拡大、収益力・資本力の強化、情報テクノロジー投資、商品・サービス開発力などの面で欧米の金融機関とどれだけの差があり、どうしたら追いつくことができるかが詳述されている。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • プロローグ 世界の金融界は「光のスピード」で変化している
  • 第1章 「超メガバンク」誕生の光と影
  • 第2章 「2001年」危機と邦銀の問題点
  • 第3章 生き残る金融機関の条件
  • 第4章 なぜ欧米金融機関が勝ち、日本は敗れたか
  • 第5章 日本の金融界「最終見取り図」はこうなる
  • 第6章 幕開ける新しい金融の世紀
  • 第7章 金融メジャーの素顔-メガバンクをレポートする

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 日本の超メガバンクは成功するか : 金融界の「最終見取り図」
著作者等 水野 隆徳
書名ヨミ ニホン ノ チョウ メガバンク ワ セイコウスルカ : キンユウカイ ノ サイシュウ ミトリズ
出版元 東洋経済新報社
刊行年月 1999.12
ページ数 275p
大きさ 20cm
ISBN 4492680993
NCID BA44652090
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20018636
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想