入門代数学

三宅敏恒 著

本書は、ガロアの理論の理解を一応の目標に置いて、群の理論、環の理論、体の理論を解説した、代数学の入門書である。抽象的な現代的手法の解説と、現代的手法の意味する具体的な知識の提供、の両立を念頭においている。特に後者の基本的な内容を多くの実例を用いて詳細に解説し、読者が具体的なイメージをもてるようにくふうした。また、各節ごとの演習問題には詳しい解説を付し、自学自習の便宜をはかった。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 群の理論(置換群
  • 群と部分群
  • 群の準同型と同型 ほか)
  • 2 環の理論(環の定義と多項式環
  • イデアルと素イデアル
  • 商環と可換環の局所化 ほか)
  • 3 体の理論(体の基本性質と代数拡大
  • 代数拡大と代数閉包
  • 標数pの体、分離拡大、非分離拡大 ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 入門代数学
著作者等 三宅 敏恒
書名ヨミ ニュウモン ダイスウガク
出版元 培風館
刊行年月 1999.11
ページ数 245p
大きさ 22cm
ISBN 4563002801
NCID BA4433306X
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20019714
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想