大乗仏教の深層心理学 : 『摂大乗論』を読む

岡野守也 著

千五百年以上前に書かれながらフロイド、ユング、アドラーの心理学を包括し、乗り越える大乗仏教の教義「唯識」の体系的理論書『摂大乗論』。顧みられることの少なかったこのテキストを初めて本格的にわかりやすく読み解き、「覚り」へと至るための理論や瞑想法を明快に提示する。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 序章 ブッダからアサンガへ
  • 第1章 心の深層にあるもの-アーラヤ識とは何か
  • 第2章 世界を見る角度-「三性」とは何か
  • 第3章 心の変容の方法-「唯識観」とは何か
  • 第4章 菩薩になる方法-「六波羅蜜」とは何か
  • 第5章 菩薩の発達段階論-「十地」とは何か
  • 第6章 菩薩の三つの学び-「戒・定・慧」の三学とは何か
  • 第7章 究極の自由-「無住処涅槃」とは何か
  • 第8章 究極のアイデンティティ-「三種の仏身」とは何か

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 大乗仏教の深層心理学 : 『摂大乗論』を読む
著作者等 岡野 守也
書名ヨミ ダイジョウ ブッキョウ ノ シンソウ シンリガク : ショウ ダイジョウロン オ ヨム
書名別名 Daijo bukkyo no shinso shinrigaku
シリーズ名 摂大乗論
出版元 青土社
刊行年月 1999.4
ページ数 281p
大きさ 20cm
ISBN 4791757041
NCID BA41325407
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20018096
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想