闇史太閤記  上

霧島那智 著

乱波・蜂須賀党の党首・小六の異母弟で山窩の母を持つ猿吉は、織田信長の愛妾・吉乃の危機を救った。信長の小者となった猿吉は斎藤道三の娘・濃姫が信長に輿入れするに先立ち、吉乃の命により鷺山城に忍び入った。二時間で八里を走り通し、木から木へ素早く移動し、物音ひとつさせず濃姫の居室へ。と、その瞬間、烈風の勢いで斬りつけてきた者が…。

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 闇史太閤記
著作者等 霧島 那智
書名ヨミ ヤミシ タイコウキ
シリーズ名 双葉文庫
巻冊次
出版元 双葉社
刊行年月 1999.11
ページ数 390p
大きさ 15cm
ISBN 4575507024
全国書誌番号
20014109
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想