臨床泌尿器科のコツと落とし穴  3

阿曽佳郎 編

腎は泌尿器科学が対象とする最も重要な臓器の一つである。したがって、この臓器に関する手術も極めて重要であり、泌尿器科医が主体となって、積極的にその進歩を図るべき領域である。本編では、多くの先生方が、腎不全・腎血管性高血圧症について関心を示し、手術のコツについて寄稿している。今日、臓器移植法が成立し、本邦においても、腎、角膜以外の諸臓器の移植もようやく緒についたところである。腎移植については、何としても泌尿器科医がイニシアティブをとって推進すべき領域である。この点についても、本編において、経験豊かな先生方が、それぞれの長年の経験に基づいた貴重な記述をしている。また、本編では、泌尿器科医が固有の領域として、古くから検討してきたにもかかわらず、なお問題の多い、神経因性膀胱、膀胱尿管逆流、尿失禁、性機能障害、男性不妊症についてもとりあげられている。QOLが尊重される時代となり、いずれも泌尿器科医にとって極めて重要な、身近な問題である。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 尿路通過障害
  • 腎不全、腎血管性高血圧症
  • 神経因性膀胱、膀胱尿管逆流、尿失禁
  • 性機能障害
  • 男性不妊症
  • 手術一般、その他

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 臨床泌尿器科のコツと落とし穴
著作者等 大島 一寛
阿曽 佳郎
書名ヨミ リンショウ ヒニョウキカ ノ コツ ト オトシアナ
巻冊次 3
出版元 中山書店
刊行年月 1999.10
ページ数 165p
大きさ 26cm
ISBN 4521580319
NCID BA43245750
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20009776
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想