首都は名古屋で決まりだぎゃあ!

中澤天童 著

石原都知事も東北もいかんて、ナゴヤ遷都こそニッポン再生の特効薬だがや。首都が名古屋に移転したら、標準語は名古屋弁、国会議事堂に金の鯱、"ういろうバーガー"全国的大ブーム!?バラ色の将来展望をどえりゃーマジメに論じきる"名古屋のススメ"。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1章 遷都談義(東海はミヤコの適地か?
  • 新首都もイメージが大切 ほか)
  • 2章 新都こうあるべし(ミヤコ人は、笑いとユーモアがわからないといけない
  • 新首都は東京・大阪の中間部というのが正解 ほか)
  • 3章 それぞれの主張(東京人の言い分
  • 東北人の言い分 ほか)
  • 4章 名古屋の掟(値切りの美学
  • 快適な居間と書斎は喫茶店 ほか)
  • 5章 "名古屋遷都"後(名古屋弁標準語化運動、起こる
  • 「もってゃあにゃあ」精神、全国に伝播 ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 首都は名古屋で決まりだぎゃあ!
著作者等 中沢 天童
書名ヨミ シュト ワ ナゴヤ デ キマリ ダギャア
書名別名 名古屋遷都理論
シリーズ名 講談社文庫
出版元 講談社
刊行年月 1999.10
ページ数 226p
大きさ 15cm
ISBN 4062647230
全国書誌番号
20007240
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想