腸内フローラと細菌性食中毒

光岡知足 編

1998年度のシンポジウムでは、前WHOのDirector、K¨aferstein博士の特別講演に続いて、それぞれがシンポシストにセレウス菌、サルモネラ菌、腸炎ビブリオ、カンピロバクター、病原性大腸菌などによる食中毒について、疫学・感染要因・発症機序・感染要因・感染予防など、いろいろな角度からの講演を行った。本書はそのときの内容をまとめたものである。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 食中毒-公衆衛生における世界的な課題
  • 2 細菌性食中毒の予防と治療(概論)、およびセリウス菌食中毒研究の最近の進歩
  • 3 サルモネラエンテリティディス感染症とその予防
  • 4 腸管出血性大腸菌O‐157感染症を中心とした疫学と感染予防
  • 5 腸炎ビブリオ食中毒の発症機序
  • 6 カンピロバクター食中毒の疫学とその制御
  • 7 腸管出血性大腸菌O‐157:H7の幼若ウサギ経口感染モデルにおけるSTECと乳酸菌の相互作用

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 腸内フローラと細菌性食中毒
著作者等 光岡 知足
書名ヨミ チョウナイ フローラ ト サイキンセイ ショクチュウドク
シリーズ名 腸内フローラシンポジウム 第7回
出版元 学会出版センター
刊行年月 1999.10
ページ数 162p
大きさ 22cm
ISBN 4762229342
NCID BA44163662
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20012086
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想