アメリカ人の核意識 : ヒロシマからスミソニアンまで

アラン・M.ウィンクラー 著 ; 麻田貞雄 監訳 ; 岡田良之助 訳

著者は、20世紀とりわけ第二次世界大戦期と戦後のアメリカを専門とする歴史家として知られている。完成まで15年余の歳月を要した本書は、核時代の幕開けから現在に至るまでのアメリカ人の核意識を実に多方面にわたり考察した労作である。核による絶滅の脅威のもとでアメリカ人がいかに生きてきたか-従来の研究にはほとんど見られなかった、心理的・文化的な側面から、核時代の起源、核兵器と核戦略、核の軍拡と核管理、死の灰への恐れ、民間防衛、核の平和利用など、アメリカ人の核意識の変遷を検討した優れた研究である。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 序章 核の恐怖と希望
  • 第1章 原子力時代の起源
  • 第2章 核管理の問題
  • 第3章 戦略、兵器および初期の軍備競争
  • 第4章 放射性降下物(死の灰)の恐怖
  • 第5章 民間防衛
  • 第6章 平和的原子力
  • 第7章 安定の追求
  • 第8章 不安の再来
  • 終章 核状況を変える力

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 アメリカ人の核意識 : ヒロシマからスミソニアンまで
著作者等 Winkler, Allan M
岡田 良之助
麻田 貞雄
ウィンクラー アラン・M.
書名ヨミ アメリカジン ノ カク イシキ : ヒロシマ カラ スミソニアン マデ
書名別名 Life under a cloud
シリーズ名 Minerva西洋史ライブラリー 33
出版元 ミネルヴァ書房
刊行年月 1999.11
ページ数 289, 12p
大きさ 22cm
ISBN 4623030261
NCID BA43931033
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20012075
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 英語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想