熊野の太陽信仰と三本足の烏

萩原法子 著

熊野の地は、死の国ではない。明るく、活力溢れる太陽の聖地であったことを、全国に残る三本足のカラスの信仰や弓神事、太陽信仰の痕跡を提示して実証する-。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1部 古代太陽信仰の聖地熊野(霊鳥・カラスへのアプローチ
  • 順調な太陽の運行を祈る扇祭
  • 太陽誕生
  • 古代太陽信仰の拠点・潮岬 ほか)
  • 第2部 民俗神事に息づく太陽への祈り(羽黒山の太陽信仰
  • 日と月の「柱立て」
  • 正月の弓神事・オビシャ
  • 東西・最果ての地に残るオビシャ ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 熊野の太陽信仰と三本足の烏
著作者等 萩原 法子
書名ヨミ クマノ ノ タイヨウ シンコウ ト サンボンアシ ノ カラス
出版元 戎光祥
刊行年月 1999.9
ページ数 187p
大きさ 22cm
ISBN 4900901091
NCID BA43292852
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20012073
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想