経営分析を活用した利益とキャッシュフローの総合管理

和井内清 著

本書は、経営分析の技法を企業の利益・資金計画をはじめ、経営改善計画策定の技法として活用し、それによって実際に経営改善を成し遂げた事例を中心に、その理論と実践を述べたものである。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 経営分析の意義
  • 収益性・資本利益率の分析
  • 損益分岐点と採算目標の分析
  • 利益増減・業績変動要因の分析
  • 生産性・付加価値の分析
  • 流動性・支払能力の分析
  • キャッシュフロー分析
  • 収支分岐点と資金計画

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 経営分析を活用した利益とキャッシュフローの総合管理
著作者等 和井内 清
書名ヨミ ケイエイ ブンセキ オ カツヨウシタ リエキ ト キャッシュ フロー ノ ソウゴウ カンリ
書名別名 Keiei bunseki o katsuyoshita rieki to kyasshu furo no sogo kanri
出版元 清文社
刊行年月 1999.11
ページ数 322p
大きさ 21cm
ISBN 4433142395
NCID BA45176604
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20017745
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想