コラーゲン物語

藤本大三郎 著

私たちの骨や皮膚の重要な成分として身体をしっかり支え、健康と美容を保ってくれる大切なタンパク質、コラーゲン。本書では、40年間コラーゲン研究一筋の著者が、化粧品、健康食品、医用材料、医薬品などへの応用の可能性を含め、コラーゲンの魅力と重要性を余すところなく語る。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 物理化学と形態学の時代(コラーゲンとは
  • コラーゲンとの出会い ほか)
  • 第2章 生化学の時代(ヒドロキシプロリンはどのようにしてつくられるか
  • アミノ酸配列の解明 ほか)
  • 第3章 分子生物学・細胞生物学の時代(コラーゲンの遺伝子と遺伝病
  • 細胞外マトリックス ほか)
  • 第4章 つぎの時代は?(バイオマテリアルとしてのコラーゲン
  • 化粧品・食品への応用 ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 コラーゲン物語
著作者等 藤本 大三郎
書名ヨミ コラーゲン モノガタリ
書名別名 Koragen monogatari
シリーズ名 科学のとびら 38
出版元 東京化学同人
刊行年月 1999.11
ページ数 161, 6p
大きさ 19cm
ISBN 480791278X
NCID BA43959327
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20014036
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想