性・死・快楽の起源 : 進化心理学からみた<私>

蛭川立 著

「私」のこころも欲望も、遺伝子や快楽物質がつくり出した幻想なのか?矛盾だらけの人間のこころを、とくに性・愛・死・快楽をテーマに、遺伝子、進化論、神経科学、心理学、人類学をクロスオーバーする知から解明。あなたのこころをプログラムする何かが見えてくる最先端の科学読み物。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1章 快楽の化学
  • 2章 利己主義と利他主義
  • 3章 「性」と「死」の円環
  • 4章 「私」は身体の道具
  • 5章 「死後の世界」はどこにあるのか
  • 6章 特権化される「性」と「死」
  • 7章 「不倫」はなぜ禁止されるのか
  • 8章 性愛の人類史
  • 9章 ミームは身体を超える?

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 性・死・快楽の起源 : 進化心理学からみた<私>
著作者等 蛭川 立
書名ヨミ セイ シ カイラク ノ キゲン : シンカ シンリガク カラ ミタ ワタクシ
書名別名 Sei shi kairaku no kigen
出版元 福村
刊行年月 1999.11
ページ数 250, 4p
大きさ 20cm
ISBN 4571510047
NCID BA43935555
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20017706
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想