破壊工作

野田峯雄 著

1987年11月29日、バグダッド発・ソウル行き大韓航空858便が、乗客・乗員115人もろともミャンマー沖で忽然と姿を消した。その二日後、中近東の島国バハレーンでふたりの東洋人が服毒自殺を図り、男は死に、女が生き残った。この女「蜂谷真由美=金賢姫」の証言により北朝鮮の「犯行」が明らかにされたのだが-。遺留品の一切が発見できなかった摩訶不思議な飛行機事故の背後に渦巻く国際的な謀略の糸/迷宮への旅。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • プロローグ 結婚
  • 第1部 コリアン・コネクション(北朝鮮から来たスパイ
  • 麻布の朝鮮人
  • 四人の「蜂谷」
  • 「大物工作員」宮本明 ほか)
  • 第2部 惨劇への旅(ブタペスト-擬装された暗号
  • ウィーン-西から来た男
  • ウィーン-改竄された証拠写真
  • ベオグラード-「長い助走」の終わり ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 破壊工作
著作者等 野田 峯雄
書名ヨミ ハカイ コウサク : ダイカン コウクウキ バクハ ジケン
書名別名 大韓航空機「爆破」事件
シリーズ名 宝島社文庫
出版元 宝島社
刊行年月 1999.12
版表示 増補・改訂版
ページ数 413p
大きさ 16cm
ISBN 4796616535
全国書誌番号
20019554
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想