脳外傷者の社会生活を支援するリハビリテーション

永井肇 監修 ; 阿部順子 編著

本書は、脳外傷後の記憶力障害、易怒性などの症状を有する障害者にどのように対処すべきか、医学的にその病態をどのように解明し治療に結びつけたらいいのか、そして障害認定の新しい基準としてどのようなアプローチを試みたらいいのかなど、多くの問題を提起しています。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 脳外傷の医学的解説-本書を理解するために
  • 第2章 社会適応に向けた援助の基本-そのプロセスと援助方法
  • 第3章 認知障害とその対応
  • 第4章 行動障害とその対応
  • 第5章 生活支援の実際
  • 第6章 就労支援の実際
  • 第7章 当事者団対の活動支援

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 脳外傷者の社会生活を支援するリハビリテーション
著作者等 永井 肇
阿部 順子
書名ヨミ ノウ ガイショウシャ ノ シャカイ セイカツ オ シエンスル リハビリテーション
出版元 中央法規
刊行年月 1999.11
ページ数 173p
大きさ 26cm
ISBN 480584230X
全国書誌番号
20015892
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想