江戸絵画と文学 : <描写>と<ことば>の江戸文化史

今橋理子 著

美術史と文化論の彼方へ。酒井抱一「観音図」、江戸中期の京都に現れた「桜画」、松平定信の幻の大名庭園「浴恩園」、北斎「西瓜図」等をテーマに、江戸人たちの"言説"と"表象"を、鮮やかに解き明かす。気鋭研究者の最新作。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 追善の形象-江戸琳派の草花と"文学"
  • 第2章 花惜しむ人-桜狂の譜・三熊派
  • 第3章 「養生」の庭-大名庭園の"画"と"紀行"
  • 第4章 北斎花鳥画のフォークロア-葛飾北斎筆「西瓜図」と七夕

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 江戸絵画と文学 : <描写>と<ことば>の江戸文化史
著作者等 今橋 理子
書名ヨミ エド カイガ ト ブンガク : ビョウシャ ト コトバ ノ エド ブンカシ
出版元 東京大学出版会
刊行年月 1999.10
ページ数 339, 21p
大きさ 22cm
ISBN 4130802011
NCID BA4397431X
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20013969
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想