改革解放期中国の農業政策 : 制度と組織の経済分析

山本裕美 著

工業化・商業化の進展で注目される中国の「改革開放」政策だが、その根幹は農業政策にあった。解放後50年のパースペクティブの中で、「改革開放」期の中国農業の全体像を浮き彫りにする。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 中国の農業政策の展開と現状
  • 第2章 中国農業における組織革新
  • 第3章 市場経済化と食糧流通体制改革
  • 第4章 財政改革下の農業財政問題
  • 第5章 農業改革下の農業金融の発展
  • 第6章 中国農村における民間金融の発展
  • 第7章 中国の改革開放下の農業と農業政策の展望

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 改革解放期中国の農業政策 : 制度と組織の経済分析
著作者等 山本 裕美
書名ヨミ カイカク カイホウキ チュウゴク ノ ノウギョウ セイサク : セイド ト ソシキ ノ ケイザイ ブンセキ
書名別名 Kaikaku kaihoki chugoku no nogyo seisaku
出版元 京都大学学術出版会
刊行年月 1999.11
ページ数 334p
大きさ 22cm
ISBN 4876980721
NCID BA40860369
BA43833952
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20011987
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想