赤の神紋  第2章 (Heavenward ladder)

桑原水菜 著

宿敵とも言える天才演劇家・榛原憂月の芝居の舞台に立たせないために、自室にケイを監禁し、最後の最後に彼を解放した響生。ケイは捨て身の演技で賞を受賞する。ケイを榛原から遠ざけつつ、響生は彼を自分の"魂の体現者"にすることを願う。だが、受賞を機に演劇界の注目を引き始めたケイのもとに、大きな一歩となり得る誘いが舞い込んだ。それは、有名演出家による準主役の話だったが。

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 赤の神紋
著作者等 桑原 水菜
書名ヨミ アカ ノ シンモン
書名別名 Heavenward ladder
シリーズ名 コバルト文庫
巻冊次 第2章 (Heavenward ladder)
出版元 集英社
刊行年月 1999.11
ページ数 275p
大きさ 15cm
ISBN 4086146479
全国書誌番号
20010105
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想