産業廃水処理のための嫌気性バイオテクノロジー

R.E.Speece 原著 ; 松井三郎, 高島正信 監訳

本書は、エンジニアがエンジニアのために書いたものであり、大学院課程における生物学的廃水処理の教科書として、あるいはコンサルティングエンジニアのための参考書として、いずれの目的にも使用されることを意図したものである。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 序論
  • 2 世界的観点から見た生物学的処理
  • 3 嫌気性処理の原理
  • 4 運転操作上の留意点
  • 5 トリータビリティーの評価方法
  • 6 バイオマス固定化法
  • 7 リアクター型式の比較
  • 8 重炭酸塩アルカリ度
  • 9 微量金属
  • 10 毒性影響
  • 11 硫化物生成
  • 12 難分解性有機物質

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 産業廃水処理のための嫌気性バイオテクノロジー
著作者等 Speece, Richard E
松井 三郎
高島 正信
Speece R.E.
書名ヨミ サンギョウ ハイスイ ショリ ノ タメノ ケンキセイ バイオテクノロジー
書名別名 Anaerobic biotechnology for industrial wastewaters
出版元 技報堂
刊行年月 1999.10
ページ数 462p
大きさ 22cm
ISBN 4765531600
NCID BA44299278
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20009705
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 英語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想