会社結合と課税問題 : 株式交換・株式移転

垂井英夫 著

本書は、租税法の課税の特例措置に注目している。商法改正により新たに導入された株式交換制度に関して、有用であると思われる文献・実例・裁判例・記載例等を意思的に用語の意義・引用・例示・注記などの形式で整理し、読者の便宜に資するよう構成した。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 序章 持株会社の組織デザイン(企業結合法制は、なぜ必要か
  • 独占禁止法の改正 ほか)
  • 第1編 株式交換(株式交換の概要
  • 簡易株式交換 ほか)
  • 第2編 株式移転(株式移転の概要
  • 親会社株主の保護 ほか)
  • 補論 みなし配当課税(株式交換等に係る「みなし配当」課税の是非
  • 資本増加限度額と株式の受入価額の関係)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 会社結合と課税問題 : 株式交換・株式移転
著作者等 垂井 英夫
書名ヨミ カイシャ ケツゴウ ト カゼイ モンダイ : カブシキ コウカン カブシキ イテン
出版元 税務経理協会
刊行年月 1999.11
ページ数 290p
大きさ 22cm
ISBN 4419034254
NCID BA44065404
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20009707
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想