圓生の録音室

京須偕充 著

レコード『三遊亭円生人情噺集成』と『円生百席』。その精緻な話術の集大成の制作現場で、六代目三遊亭円生とすごした歳月…。名実ともに絶頂期にあった名人の若き担当者が、レコード制作という濃密なかかわりの中で見つめた"稀代の芸の鬼"の情熱と素顔。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 録音室への道(花びらの道
  • 青年の眼 ほか)
  • 第2章 録音室の日々(静かなはじまり
  • 松はゆがみて ほか)
  • 第3章 録音室のそと(円生の二十世紀
  • 『淀五郎』と王選手の記録 ほか)
  • 第4章 録音室との別れ(録音の終わり
  • ホットミルク ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 圓生の録音室
著作者等 京須 偕充
書名ヨミ エンショウ ノ ロクオンシツ
シリーズ名 中公文庫
出版元 中央公論新社
刊行年月 1999.8
ページ数 284p
大きさ 16cm
ISBN 4122034825
NCID BA4266280X
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20006650
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想