これでは韓国は潰れる : 恐るべき腐敗の実態

崔基鎬 著

IMF衝撃波から一年余、金大中大統領は、「財閥グループ」の解体、「腐敗防止法」や「人権法」の制定、庶民中心の社会をめざし、改革を推進している。しかし、韓国社会の病根は深い。賄賂で兵役を逃れ、政治も司法も不正が横行する。李朝時代の悪習と迷信が社会を蝕む。このままでは韓国は潰れてしまう-韓国知識人による衝撃のレポート。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1章 1997年12月の「国恥」-指導者がでたらめだと、国民はどれだけ悲惨か
  • 2章 「韓国 腐敗共和国」という汚名-韓国社会は「賄賂」がないと動かない
  • 3章 「両班階級」復活の衝撃-韓国社会の悲劇は「利己主義」と「責任感」の欠如だ
  • 4章 「韓国」社会風土の問題点-「韓国病」治療の処方箋とは、何か
  • 5章 日韓関係の課題-金大中大統領が積極的な「韓日自由貿易構想」とは何か

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 これでは韓国は潰れる : 恐るべき腐敗の実態
著作者等 崔 基鎬
書名ヨミ コレデワ カンコク ワ ツブレル : オソルベキ フハイ ノ ジッタイ
シリーズ名 カッパ・ブックス
出版元 光文社
刊行年月 1999.10
ページ数 201p
大きさ 18cm
ISBN 4334006612
NCID BA44349059
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20011755
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想