賢治のうた

宮沢賢治 著 ; 草野心平 編著

[目次]

  • オホーツク挽歌-春と修羅第一集-
  • 序 / 11
  • くらかけ山の雪 / 15
  • 春と修羅 / 16
  • 有明 / 20
  • 蠕蟲舞手 / 21
  • 岩手山 / 25
  • 原体剣舞連 / 26
  • 永訣の朝 / 30
  • 松の針 / 34
  • 無声慟哭 / 36
  • 青森挽歌 / 39
  • オホーツク挽歌 / 54
  • 噴火湾(ノクターン) / 61
  • 業の花びら-春と修羅第二集-
  • 五輪峠 / 67
  • 牛 / 70
  • 花鳥図譜 七月 / 71
  • 半蔭地撰定 / 77
  • 産業組合青年会 / 80
  • 業の花びら / 82
  • 霜林幻想 / 83
  • 春谷暁臥 / 87
  • 岩手軽便鉄道 七月(ジャズ) / 90
  • 告別 / 94
  • 野の師父-春と修羅第三集-
  • 岩手軽便鉄道の一月 / 99
  • 春 / 100
  • 饗宴 / 101
  • はるかな作業 / 103
  • 作品一〇〇八番 / 104
  • 開墾 / 106
  • 札幌市 / 108
  • 野の師父 / 109
  • 作品第一〇四八番 / 114
  • 政治家 / 115
  • 作品第一〇六三番 / 116
  • 県技師の雲に対するステートメント / 118
  • 囈語 / 122
  • 僚友 / 123
  • 稲作揷話 / 125
  • 和風は河谷いっぱいに吹く / 129
  • 作品第一〇八八番 / 134
  • 藤根禁酒会へ贈る / 136
  • 停留所にてスヸトンを喫す / 142
  • 林中乱思-春と修羅第四集-
  • 阿耨達池幻想曲 / 147
  • 花鳥図譜 四月 / 150
  • (十いくつかの夜とひる) / 153
  • (それでは計算いたしませう) / 155
  • 小作調停官 / 158
  • 地主 / 160
  • (もう二三べん) / 163
  • 林中乱思 / 168
  • 蕪を洗ふ / 173
  • (こっちの顔と) / 176
  • ながれたり-文語詩篇-
  • (土をも掘らん汗もせん) / 181
  • 病中幻想 / 182
  • (ひとひははかなく) / 183
  • (ながれたり) / 185
  • 鼓者 / 190
  • 早春 / 190
  • 種山ヶ原 / 192
  • 早池峯山巓 / 193
  • 人民の敵 / 194
  • 来々軒 / 195
  • (桐の木に青き花咲き) / 196
  • 臘月 / 198
  • 眼にていう-疾中-
  • (雨が霙に変ってくると) / 201
  • (丁丁丁丁丁) / 202
  • 病中 / 204
  • (そのうす青き玻璃の器に) / 206
  • 眼にて云ふ / 207
  • S博士に / 209
  • (一九二九年二月) / 210
  • (ああ今日ここに果てんとや) / 212
  • 雨ニモマケズ-手帳より-
  • 手帳より / 215
  • 十一月三日 / 218
  • 牧歌-歌曲-
  • 花巻農学校精神歌 / 223
  • 種山ヶ原 / 224
  • 星めぐりの歌 / 226
  • イギリス海岸の歌 / 228
  • ポランの広場 / 230
  • 牧歌 / 232
  • 宮沢賢治の人間像 / 236
  • 宮沢賢治年譜 / 248

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

この本の情報

書名 賢治のうた
著作者等 宮沢 賢治
草野 心平
書名ヨミ ケンジ ノ ウタ
書名別名 Kenji no uta
シリーズ名 現代教養文庫
出版元 社会思想社
刊行年月 1965
ページ数 251p (図版共)
大きさ 15cm
NCID BN1020432X
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
65010162
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想