「物言う魚」たち : 鰻・蛇の南島神話

後藤明 著

本書では、東北の一地域に見られる風習が日本各地、さらに南島世界、そして東南アジアや南太平洋へも連なる広大なテーマになることを論じていく。とくに、鰻・蛇、鰐、鮫といった水棲動物ないし水に関係が深い動物をキーワードにして、海霊や水霊の信仰の系譜をたどってみる。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 料理壺の中の鰻
  • 第2章 洪水を起こす水霊
  • 第3章 大地を支える神々
  • 第4章 恋する鰻とココ椰子
  • 第5章 人食い大蛇の服は宝の山
  • 第6章 聖なる鰐は祖先の魂
  • 第7章 鮫と竜をめぐる伝承
  • 第8章 海から訪れる神の贈物
  • 第9章 海上他界と海霊の系譜

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 「物言う魚」たち : 鰻・蛇の南島神話
著作者等 後藤 明
書名ヨミ モノ ユウ ウオ タチ : ウナギ ヘビ ノ ナントウ シンワ
書名別名 Mono yu uo tachi
出版元 小学館
刊行年月 1999.11
ページ数 270p
大きさ 20cm
ISBN 4093860394
NCID BA44006212
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20009178
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想