奇術師のパズル : 長編推理小説

釣巻礼公 著

中学校のカウンセラー・棟谷志保子あてに、"大石和哉を知っているか?"という謎のメッセージ。発信人は、死んだはずの女生徒・新庄朋恵。大石は志保子の婚約者だったが、生徒に刺殺された。やがて、文化祭に出品する立体モザイク『隧道の中の悪魔』の傍に、"新庄朋恵は私が殺した"という遺書を持つ大河原杏子の死体が…。モザイクに描かれていた五個の人面図が、奇妙なことに四個に…。死体が発見された体育館は、完全な密室状態。志保子を襲う三人の男子生徒。MGの小部屋とは?消えた人面の謎が解き明かされたとき、戦慄の事実が…。奇想天外、新機軸の密室ミステリー傑作長編。

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 奇術師のパズル : 長編推理小説
著作者等 釣巻 礼公
書名ヨミ キジュツシ ノ パズル : チョウヘン スイリ ショウセツ
シリーズ名 カッパ・ノベルス
出版元 光文社
刊行年月 1999.10
ページ数 312p
大きさ 18cm
ISBN 4334073603
全国書誌番号
20004967
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想