会社がなぜ消滅したか : 山一証券役員たちの背信

読売新聞社会部 著

山一証券の消滅の裏に、背信の階段を昇った何十人もの役員と社員がいた。本書は、巨大証券で横行した無法と腐敗、自滅の構造と責任の所在を、約2年2か月にわたって追跡した読売新聞社会部の「金融事件取材班」が、三百ページ近い秘匿文書と延べ一千人以上のインタビューをもとに書き下ろしたものである。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 パンドラの箱
  • 第2章 二つの遺産
  • 第3章 内務官僚
  • 第4章 組織犯罪
  • 第5章 幻の再建計画
  • 第6章 破綻への迷走
  • 第7章 百一年目の終焉
  • 第8章 背信の階段

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 会社がなぜ消滅したか : 山一証券役員たちの背信
著作者等 読売新聞社
読売新聞社社会部
読売新聞社会部
書名ヨミ カイシャ ガ ナゼ ショウメツシタカ : ヤマイチ ショウケン ヤクインタチ ノ ハイシン
出版元 新潮社
刊行年月 1999.10
ページ数 310p
大きさ 20cm
ISBN 4103390050
NCID BA43899327
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20015755
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想