会計政策の法則 : 会計行動の特性と背景

星野一郎 著

本書は、会計ルールの設定・変更をめぐる「ドラマ」をおもに会計学的視点から描写し、そこから一定の会計政策上の法則を抽出することを意図している。4つの大きな研究領域にかんする、会計ルールの設定・変更を会計的に描写し、そこから一定の法則を抽出した。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 会計政策研究における研究対象とそのアプローチ
  • 第1部 会計基準の調和化と統一化(米国の原油・天然ガス生産会社における探査コストの会計処理
  • 銀行保有国債の評価方法にかんする会計問題 ほか)
  • 第2部 セグメント会計における恣意性(セグメント別開示基準におけるプライバシー問題-会計技法と恣意性をめぐって
  • 米国におけるセグメント別開示基準の設定をめぐって ほか)
  • 第3部 不良債権のディスクロージャー(わが国における金融機関の不良債権をめぐるディスクロージャー制度の現状と課題
  • ディスクロージャーにおける自己規正の意義-金融機関の不良債権をめぐって ほか)
  • 第4部 有価証券の時価評価と金融規制(有価証券の含み損益をめぐる決算対策の論理構造
  • 金融投資の評価システムに対する「評価問題」 ほか)
  • 会計政策研究における理論的成果とその可能性

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 会計政策の法則 : 会計行動の特性と背景
著作者等 星野 一郎
書名ヨミ カイケイ セイサク ノ ホウソク : カイケイ コウドウ ノ トクセイ ト ハイケイ
出版元 同文舘
刊行年月 1999.10
ページ数 289p
大きさ 23cm
ISBN 4495163817
NCID BA43946460
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20007211
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想