電波情報工学

近藤倫正 著

電波を用いるシステムで得られる情報は何によってその量と質が決まるのか、そしてその限界は?電波を媒体として得られる情報の精度はどの程度の質を期待できるのか、また電波は空間を伝搬する間にさまざまな影響を受け、所望の情報はひずみを生じたり、雑音が混入したりして、情報量の減少が見込まれるがその程度は、これらの疑問に完全に答えることは現状ではきわめて難しいが、従来の電波工学の技術体系を述べつつ情報理論からの展開を試みる。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 電波計測における情報の流れ(電波の発生
  • 電波の性質
  • 電波による情報の生成 ほか)
  • 2 情報伝達素子としてのアンテナ(アンテナの役割
  • 線状アンテナ
  • 開口面アンテナ ほか)
  • 3 レーダ(レーダの原理
  • レーダ方程式
  • CWレーダ ほか)
  • 4 航行システム(電波航法の歴史的な発展
  • 位置決定法
  • 方位探知システム ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 電波情報工学
著作者等 近藤 倫正
書名ヨミ デンパ ジョウホウ コウガク
シリーズ名 Series電気・電子・情報系 / 田丸啓吉, 森真作, 小川明 編 5
出版元 共立
刊行年月 1999.10
ページ数 162p
大きさ 22cm
ISBN 4320085809
NCID BA43594261
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20006871
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想