宗教と社会福祉の思想

三宅敬誠 著

社会福祉理論の研究が援助の実践に直接結びつかず、社会福祉理論が慈善やボランティアを実際に阻害する。宗教のない福祉国家は全体主義になるともいわれる、現在国家試験の予備校化した大学の授業は正しいのであろうか。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 戦後日本の社会福祉の概念規定
  • 第2章 岡村理論とは
  • 第3章 近代的社会福祉理論の思想と問題
  • 第4章 宗教制度と社会福祉
  • 第5章 援助と自立の関係
  • 第6章 仏教社会福祉の歪み
  • 第7章 宗教教団の役割
  • 第8章 国を超える共同体の考察に向けて

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 宗教と社会福祉の思想
著作者等 三宅 敬誠
書名ヨミ シュウキョウ ト シャカイ フクシ ノ シソウ
出版元 東方
刊行年月 1999.10
ページ数 284p
大きさ 22cm
ISBN 4885916283
NCID BA43761658
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20006789
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想