日本における国家と企業 : エネルギー産業の歴史と国際比較

リチャード・J.サミュエルス 著 ; 廣松毅 監訳

電力および石炭の国家所有が日本より低い国はない。しかも日本とアメリカのみが石油の精製と販売に関してすべて私企業に任せている。また日本は、他のすべての先進諸国とは異なり、アメリカと同様、実質的に石油、電力、石炭に関する国営企業はもっていない。その理由は何であり、またそれでどうだというのであろうか?主導するよりも交渉するという特質の日本の国家。なぜそのような交渉が日本の国家が再三求めてきたエネルギー産業においてプレーヤーとしての役割を果すことを妨げているのかを学ぶ。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 国家、市場、相互同意の政治
  • 第2章 先進諸国のエネルギー国営企業
  • 第3章 日本における石炭産業の歴史
  • 第4章 日本における電力産業の歴史
  • 第5章 日本における石油産業の歴史
  • 第6章 日本における代替エネルギーの歴史-合成燃料と原子力
  • 第7章 日本における国家と企業-エネルギー産業

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 日本における国家と企業 : エネルギー産業の歴史と国際比較
著作者等 Samuels, Richard J
Samuels, Richard J.
広松 毅
廣松 毅
サミュエルス リチャード・J.
書名ヨミ ニホン ニ オケル コッカ ト キギョウ : エネルギー サンギョウ ノ レキシ ト コクサイ ヒカク
書名別名 The business of the Japanese state

Nihon ni okeru kokka to kigyo
出版元 多賀
刊行年月 1999.9
ページ数 410p
大きさ 22cm
ISBN 4811555414
NCID BA4363154X
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20004131
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 英語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想