ドリンキング・ライフ

ピート・ハミル 著 ; 高見浩 訳

アイルランド系移民の家に生まれたピート・ハミルは、10歳で第二次世界大戦の終戦を迎えた。貧しいながらも優等生だったピート少年は、しだいに悪に憧れ、おずおずと酒と性に手を伸ばした。それがすべての始まりだった-。冒険的人生の渦中へと飛び込んだ彼を迎えたのは、熱い50年代、60年代。ビートニク、ジャズ、ベトナム戦争…疾風怒涛の時代を酒とともに生きた彼は、しかし37歳で断酒を決意するにいたる-。その半生を赤裸々に明かす、小説よりも小説らしい痛快な自伝。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 戦中
  • 2 戦後
  • 3 自立
  • 4 天国の門へ
  • 5 ドリンキング・ライフ
  • 6 酒よ、さらば

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 ドリンキング・ライフ
著作者等 Hamill, Pete
高見 浩
ハミル ピート
書名ヨミ ドリンキング ライフ
書名別名 A drinking life
出版元 新潮社
刊行年月 1999.9
ページ数 443p
大きさ 20cm
ISBN 4105236024
NCID BA43859934
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20004036
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 英語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想